コンピュータのシステム開発
有限会社コンフォート
名刺の「裏」話
突然ですが。お客様の名刺の裏面はどうなっていますか?

名刺の裏面に事業所や工場の一覧が記載されている名刺をよく見かけます。

株式会社ABC

○○○工場 〒000-0000
○○○工場 〒000-0000
○○○工場 〒000-0000
左の内容だと「多くの工場を持っている」ということはわかりますが、残念ながら生産能力を正しく判断することはできません。

記載内容を次のように見直します。

株式会社ABC

●●●設備 18台
●●●設備 10台
●●●設備 20台
記載内容を保有設備に変更するだけで、自社の生産能力を相手に伝えることができるようになり、絶好のPRポイントを得ることができるようになりました。

名刺はホームページと同じく、企業の「顔」になるものです。必ず相手に手渡しする点ではホームページよりも重要かもしれません。

コンフォートは、お客様にとって有益だと思われることを見つけたら、どんな些細なことであっても必ずご提案致します。

興味、ご関心のある方は是非一度ご連絡ください。
(052)321-0151 担当:秋田育紀(あきたやすき) 日比野舞子(ひびのまいこ)



パッケージソフトウェアの「賞味期限」のお話
スーパーやコンビニで「お弁当」を購入する際、普通は「自分が食べたいもの」を選びます。次に「値段」と「賞味期限」を確認します。

唐突に「お弁当」の話題から始まりましたが、お客様が導入を検討しているシステムにも全く同じことが言えます。

「お弁当」  ・・・・・ 既に完成された商品、すなわちパッケージソフト
「自分が食べたいもの」 ・・・・・ システムの導入を検討している業務
「すぐに食べれる」  ・・・・・ すぐに利用できる
「値段」  ・・・・・ パッケージソフトの導入費用

さて、ここで問題です。

  「お弁当の賞味期限は、お客様が選定しようとしているパッケージソフトにおいて、何を意味しているでしょうか?」

答え

  そのまま「賞味期限」です。

実は、パッケージソフトも「お弁当のように賞味期限で味(質)の具合を測る」ことができます。パッケージソフトの場合、賞味期限を該当のソフトウェアが開発された年代と置き換えるとわかりやすいでしょう。

変化の激しいコンピュータ業界の中で、数年前に開発されたパッケージソフトの場合、メーカーが動作保証しているものの、過去の技術で作られている可能性が多く潜んでいます。

賞味期限を過ぎたパッケージソフトは「食べれないことはないけど、美味しくない」可能性があることを覚えておいてください。

コンフォートは、いつでも新鮮なシステムをお客様にご賞味頂くために「オーダーメイドによる受託開発」を中心に行っています。

興味、ご関心のある方は是非一度ご連絡ください。
(052)321-0151 担当:秋田育紀(あきたやすき) 日比野舞子(ひびのまいこ)



試作が大切だというお話
製造業でも飲食業でも、新商品を開発するときは、大抵「試作品」を作ります。

実際に「試作品」を作ってみると、図面やレシピ上の不足や不備を早期発見することができるだけでなく、完成品になったときのイメージのズレを事前に解消することができます。

システム開発も同じです。 お客様において「システム開発を依頼する業者の選定にお困り」の際は、是非「試作品」の開発を選定条件の一つに加えてみてください。

「試作品」をキーワードに、次のような基準を設けることができます。

試作品の有無  ・・・・・ 受注への本気度
試作品のでき栄え  ・・・・・ システム開発における技術力
試作品完成までの時間 ・・・・・ 要件に対する理解度、または、業務知識の成熟度

また、現在お取り引きのある業者に対し、試作品の提供を求めるのも良いことだと思います。

コンフォートでは、いち早くお客様のニーズに合ったシステムをご提供するために、常に「試作品」を用意するようにしております。

興味、ご関心のある方は是非一度ご連絡ください。
(052)321-0151 担当:秋田育紀(あきたやすき) 日比野舞子(ひびのまいこ)



(C)1999-2019 有限会社コンフォート